社員に聞きました

トップ

インタアクトの社員は、いずれも個性派ぞろい。
個性と協調性が調和する社風のもと、各自の持ち味を生かしつつ、協力しあって仕事を進めています。
また、仕事以外でも、みんなで遊びに行ったり、スポーツをしたりと、充実した毎日を過ごしております。

この結束力の強さが、私たちの強みです。

そんなインタアクトの社員に、現場での仕事のことや、インタアクトについての本音を聞いてみました。

  • 社員 梶川 俊介
    係長

    2008年入社
    「経験から得た知識やアイデアを発揮して、お客様に満足いただける仕事をすることに大変やりがいを感じています。」
    More
    現在の仕事内容は?

    アンケート調査やお客様の声を分析するためのソリューションを開発しています。

    面白いと感じた仕事は?

    オープンソース・ソフトウェア(OSS)を活用したプロジェクトです。 自分自身で使って評価するだけでなく、システムを構成する上でソフトウェアを最適化していくことは非常に面白い工程です。 特に、経験から得た知識やアイデアを発揮して、お客様に満足いただける仕事をすることに大変やりがいを感じています。

    仕事を大変だと思ったときは?

    IT業界は流行の移り変わりが速く、どんどん新しい技術や考え方がやってきます。 そのため、常に勉強を欠かすことができないのは大変だと思います。 しかし、自己研鑽は他のどの業界でも必要なことだと考えているので、 会社と自分自身の成長のために頑張っています。

    仕事をしていて印象に残ったこと

    やはり、初めて配属されたプロジェクトです。 研修を終えたとはいえ、まだまだエンジニアとして未熟でしたが、要件定義の一部を任せていただきました。 また、プロジェクトの初期工程から参加できたことは、貴重な体験で今でも大きな財産となっています。

    ある1日の過ごし方

    9:15 出社
    ↓  メールチェック
    9:30
    ↓  チケット(作業項目)管理
    10:00
    ↓  設計書作成
    11:00
    ↓  打ち合わせ
    12:00
    ↓  昼食
    13:00
    ↓  プログラム開発(適宜休憩)
    18:30 退社

    会社の人とは何をして遊ぶ?

    仕事終わりの飲み会がほとんどです。 プロジェクトメンバーだけでなく、同期入社の社員や他の部署の方々とも飲みに行ったり、お客様や協力会社の方と一緒に行くこともあります。 会社が開催しているバーベキューやテニスサークルの活動など、積極的に活用しています。

    インタアクトの人事評価制度について(良い点・改善点)

    公平性を保つために考課者訓練を実施している点が良いと思います。 また、昇給や昇格の基準に資格取得も考慮される点がキャリアパスを設計する上で、非常に意味のあるものとなっています。

    クライアント先に常駐するってどんな感じ?

    プロジェクトの成功という同じ目標に向かっているため、モチベーションが上がり、とても良い雰囲気です。 昼休みや仕事終わりに食事に行くこともあり、会社の垣根を越えていろいろな話を聞けるので大変面白いと思います。 勉強会などを実施して積極的に情報交換を行うプロジェクトもあります。

    梶川さんはプロジェクトリーダーとしても活躍しています。

    プロジェクトリーダーとしてどのようなことに取り組んでいますか?

    チームの進捗管理や課題管理はもちろんのこと、会社の将来を担う若手社員の育成にも力を入れています。 より活気と自信に満ちたチームを作り上げていきたいと思います。

    チームの雰囲気はどのような感じでしょうか。

    それぞれの得意分野が確立しており、個性に溢れたチームです。 若い社員も多く、コミュニケーションも活発です。

    プロジェクトリーダーとしての今後の目標をお願いします。

    プロジェクトマネージャーを任せていただけるように、管理業務も挑戦していこうと思います。 また、社内・社外を問わず、新しい企画や提案など営業的なアプローチも積極的に行っていきたいです。 もちろん、エンジニアとして知識の幅と深さを広げていくことも必要です。

    閉じる
  • 社員 飯塚 瞳
    主任

    2014年入社
    「多方面からサポートできることは、私にとってのやりがいに繋がっています。」
    More
    現在の仕事内容は?

    電話応対や来客対応、名刺の作成や勤務報告書の整理などの事務業務を行っています。 また、現在では採用業務や広報業務にも携わらせて頂いています。

    面白いと感じた仕事は?

    採用業務は特に工夫余地が多い為、面白いと感じます。 より多くの学生さんに当社を知って頂くにはどのような方法が最適か、またどのようにすれば当社の魅力をお伝えできるのか等、試行錯誤しながら努めています。

    仕事を大変だと思ったときは?

    総務部の業務は多岐にわたっています。 そういった様々な業務知識を習得することは大変なことではありますが、私のように社歴の浅い社員にも、幅広く業務を任せて頂く機会があることと多方面からサポートできることは、私にとってのやりがいに繋がっています。

    仕事をしていて印象に残ったこと

    入社当時はタイピングが遅く、周囲の方々へご迷惑をおかけすることも多かったのですが、毎日タイピングの練習を行った結果、現在では議事録の作成や面接の書記等も任せて頂けるようになり、迷惑をかける側から力になれる側に変われたことは私の中で印象深く感じています。

    ある1日の過ごし方

    9:00 出社
    ↓  メール・スケジュールチェック、1日の予定作成
    9:30
    ↓  連絡事項・1日の作業予定確認
    9:35
    ↓  郵便対応、勤務報告書・交通費請求書の整理
    11:50
    ↓  昼食
    12:50
    ↓  郵便対応
    13:10
    ↓  勤務報告書の確認・ファイリング、郵送物対応
    18:00
    ↓  連絡事項・作業報告
    18:15 退社

    会社の人とは何をして遊ぶ?

    会社のテニスサークルに所属しているので、サークルのメンバーとテニスをしたり、同期の社員と仕事終わりにご飯を食べに行くこともあります。 また会社イベントにも積極的に参加して、普段接点の少ない社員の方々とも交流を深めています。

    インタアクトの人事評価制度について(良い点・改善点)

    社員の頑張りを多方面から判断し、公正に評価しようという環境が整えられていると思います。自己評価を元に、成長した点や改善すべき点を上長と話し合う機会があることで今後の課題が明確となり、前向きに仕事に励むことができます。

    閉じる
  • 社員 小林 雄太
    2015年入社
    「自分の技術や、求められている機能にあったものを選ぶというのが、面白くもあるのですが、大変です。」
    More
    現在の仕事内容は?

    資産管理のWebアプリケーション開発に携わっています。
    主に、製造・試験を担当しています。

    面白いと感じた仕事は?

    初めて話を聞く段階では、そんなこといったいどうやってやるのだろうと思うのですが、様々な業務を経験したり、色々と調べてみたりすると、こんな技術があるのかと驚かされます。 まだまだ勉強不足である証拠なのですが、このような経験は自分の成長も感じることができ、とても面白いです。

    仕事を大変だと思ったときは?

    一つの言語の中でも、あることを行おうとすると幾つも方法があります。 その中から最適な方法を見つけるというのが、とても大変でした。 ある方法だと、様々なことができて色々と応用が利くのですが、その分扱いが難しく、またある方法では、 簡単に扱えるがその分制限がかかるといったことがあります。 その中から自分の技術や、求められている機能にあったものを選ぶというのが、面白くもあるのですが、大変でした。

    仕事をしていて印象に残ったこと

    まだ若手ということもあり、業務でつまずくこともあります。自分で解決できない問題に直面した時に、先輩に助けていただき、なんとか乗り越えることができます。その度に先輩の凄さと、まだまだ自分には足りていない部分があるのだなと感じます。このような経験から、次は一人でも解決できるように努力しようと思えますし、自分も後輩を助けられるような先輩になろうと思います。

    ある1日の過ごし方

    9:00 出社
    ↓  グループウェア・メールチェック
    9:30
    ↓  朝礼、作業予定の確認
    9:40
    ↓  開発環境の構築
    12:50
    ↓  昼食
    13:50
    ↓  プログラムの改修作業
    17:45
    ↓  進捗報告
    18:00
    ↓  終礼、グループウェア確認
    18:15 退社

    会社の人とは何をして遊ぶ?

    仕事終りに同期と飲みに行くことが多いです。 また、お昼休みに外に食べに行くこともよくあります。 会社が開催しているテニスサークルにも参加していますので、楽しく運動もできています。

    閉じる
  • 社員 下川 将司
    2015年入社
    「経験を積み重ねることで、成長を実感することができ面白く感じます。」
    More
    現在の仕事内容は?

    経理、労務などの事務業務を中心にISMS運用及び採用にも携わっています。

    面白いと感じた仕事は?

    日々の業務の中で専門的な知識を身につけられることです。特に税金や社会保険に関する手続は難しく専門知識を要します。しかし、自身で調べたり税理士や社労士の方々に問い合わせるなどの経験を積み重ねることで、成長を実感することができ面白く感じます。

    仕事を大変だと思ったときは?

    経理の立場上、常に正確さが求められることです。給与計算や取引先への振込の事務では当然ながら金額のミスは許されません。自身での確認はもちろん、クロスチェックによりケアレスミスを防ぐなど、慎重に業務に取り組むことを意識しています。

    仕事をしていて印象に残ったこと

    入社1年目から携わっているISMSの審査を無事終えられたことです。外部組織による審査では一年間の活動実績を報告しISOの規格が求めていることに適しているかが評価されます。自身の知識や経験が未熟で不安や緊張があるなか、先輩方のお力添えもあり無事に終えられたことは印象に残っています。

    ある1日の過ごし方

    9:00 出社
    ↓  メール・スケジュール確認、業務予定作成
    9:30
    ↓  朝礼、連絡事項等の情報共有
    9:35
    ↓  入出金明細確認、請求書処理、仕訳入力
    11:50
    ↓  昼食
    12:50
    ↓  財務諸表作成、各種振込手続
    17:45
    ↓  郵送物対応
    18:00
    ↓  終礼、連絡事項等の情報共有、業務実績作成
    18:15 退社

    会社の人とは何をして遊ぶ?

    仕事終わりに飲みに行くことが多いです。また会社のテニスサークルでメンバーと共に体を動かし、終わった後に食事と会話を楽しむこともあります。

    インタアクトの人事評価制度について(良い点・改善点)

    業務への取り組み姿勢や成果だけでなく、資格取得によるスキルアップも考課基準になっている点が公平な評価に結び付いていると思います。

    閉じる

▲TOP